VIOの医療レーザー脱毛の痛みについて

VIOの医療レーザー脱毛はエステサロンでの光脱毛よりも痛いという話を良く聞きます。ここでは、その痛みの原因を知り、どうすれば痛みを押さえて快適にVIO脱毛を受けることができるのかを見ていきましょう。

 

VIO医療レーザー脱毛で使われるレーザーの多くはアレキサンドライトレーザーといいます。このタイプのレーザーは主に黒いものに反応し、それを温めるという性質があります。VIO医療レーザー脱毛では、レーザーが毛根にたくさん存在するメラニン色素に反応して、そこを集中的に温めることで、熱によって毛根を破壊するのです。痛みは、言うなれば熱さによるもの、ということになります。ちなみに、メラニン色素の部分には反応しないため、それ以外の肌の部分が攻撃されることはありません。逆にレーザーをあてる場所にシミやそばかすがあれば、それを取り去ることになるので、美肌効果も期待できます。

 

痛みを軽くする方法で、医療クリニックで主に使われているのが、麻酔です。こちらは、注射タイプとガスタイプの2つがあり、かなりの割合で痛みを無くすことができ、麻酔を使用しても痛くて仕方なかったという声はまず聞きません。
また、体調と痛みは関係があるようで、生理中など体の調子が悪いときは避けてプランを立てるということも良いようです。

 

技術が高くて麻酔もOKの医療VIO脱毛はこちらでチェック!